英検準1級の勉強法と合格体験談


英検準1級を受験すると心に決めて、試験まであと2ヶ月を切ったある日・・・。
 
早速購入したテキストを見てみたら・・・・ 
 

『えっ!?知らない単語ばかり並んでる!!
私、もしかして英検準1級を甘く見ていたんじゃ・・・』
 
 
と、受験をしようと思った事を少し後悔してしまいました。
 
それから心を入れ替えて計画的な(計画的にするしかないですが)勉強が始まりました。
 

その日から試験まで2ヶ月の間で、私がどんな勉強をしたのか、
また英検準一級の具体的な内容についてなど、紹介していきます。

 

私の事を軽く自己紹介させてください。 

私は現在英語圏に住む、子育て真っ最中の専業主婦です。
英語圏に住むと言っても、英語に全然自信がない私・・・。
かといって、日々英語の勉強をしようという勤勉さもありません。
そんなとき、日本に帰国する予定があったので、
これをいい機会に、【自分の英語の実力を見てみよう】
そんな軽い気持ちで英検準一級の受験を決めました。

 
英検準一級を実際に受験してみて、
【英語圏で暮らしている事が役にたったか?】と聞かれれば、
“日本に住んでいた頃に比べたら、多少なりともリスニングの力がついたかな?”
という気もしますが、リスニングの試験結果はあまり良くなく(汗)
かなりのショックをうけました。

 
実際に私が受験して思った事は、留学や海外生活の経験がなくても、
ポイントを抑えてしっかり勉強をすれば、英検準一級には合格できる
ということです。

 
試験問題や参考書には英語圏で生活するのに全く使わないし、
見た事も聞いた事もないような単語も結構出てきます。

 
ですから、私がもしも、一切勉強しないで「今の実力を見てみよう!」
なんて生半可に英検準一級を受けていたら、
不合格どころか、点数は全然取れていなかったに違いありません。

 
これから私が記していきます情報と体験記が、
英検準一級の合格を目指している方の学習のヒントになったらとても嬉しいです。

 

英検準一級を受けよう!」と決定したら、やらなければ行けない事

 
まずは始めに、自分の今いる位置(現レベル)と、
合格までに登るべきステップがどれくらいあるのかを把握する事が,
とても大事です。

英検準一級がどれくらいのレベルなのかは
 こちら(英検準一級で出来ること)で紹介しています。

 
私の場合、前置きでも述べましたが、

英検準一級の受験を決めてから試験まで二ヶ月
しかありませんでした。

 
私が英検準一級の受験を決めた直後、
すぐにやった事は英検ウェブサイトから過去問を入手し実際に受けた事。

 
それから、同時にテキストを探し始めました。

インターネットの口コミやおススメなどの情報もリサーチした上で
テキスト二冊(語彙•イディオム問題集、長文読解問題)と、リスニング全問題集CD教材を購入し、
購入したテキストのみを徹底的に勉強しました。

 
それ以外のものには一切手をつけませんでした。
 
購入したテキストは
 合格のためのテキスト選び
で紹介しています。 

このテキストのボリュームをまず把握し、
学習予定を記入するため二ヶ月分の手作りカレンダーを作成しました。

 
A4サイズの紙を二枚用意し、枠に日付を記入します。

枠内には(1)単語学習、(2)長文読解練習、(3)リスニング学習

この3種類を勉強する予定を書き込んで行きました。

 
ここは具体的に、テキストの何章をやり終える、とか、
何ページまでをやる
とかそんな感じでどんどん書き込んで行きます。

 
私の場合は、月~金曜までの予定を書き込み、
土日は調整日として空欄にしておきました。

 
結局、張り切って予定を立てても、
どうしても終えられないことややり残しが出来てきてしまいます。

 
土日にその時間を持ってきて補充するわけです。

私は、この調整日を作る事はとても大事だと実感しています。

調整日がないと、予定通りに勉強がはかどっていない事で
よけいなストレスがたまりますよね。

「あぁーまだ終わっていない。」

「昨日終わらなかった分で、どんどんしわ寄せが。。。」

出来なかった事が徐々にふくれあがり、
途中ですべてを放棄したくなる事もあるでしょう。

 
ですから、土日はそのストレスを軽減するために空けておきます。

二ヶ月後の、英検準一級一次試験合格!という目標を達成するために、
今日やらなければならないことは何か。

目標設定と学習計画は本当に大事ですから、
英検準一級合格!という目標を心に決めた瞬間に、必ず学習計画をたてて下さい。
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ