リスニングについて

英検準一級のリスニングテストは約28分間で、
試験全体の満点が99点中、なんと34点がリスニングの得点
になります。

 
この点数配分からも、リスニング力なくして合格は難しいと考えますよね。

 
リスニングが不得意な場合は、語彙問題か長文読解で
相当の点数を獲得しておかなければなりません。

 
さて、具体的には、英検準一級のリスニングの試験は、どんな内容でしょうか。

 
まず、リスニング問題は3部に分かれています。

PART1ー会話の内容一致4択

PART2ー文の内容一致4択

PART3ーREAL-LIFE形式の内容一致4択

最初にダイアログが流れます。

 
 
その後、問題用紙の4択の中から正しい選択肢を選びます。

4択を聞いたあと、次の問題の放送が始まるまで10秒。

「え、たったの10秒!?」

この10秒はどう使ったら良いでしょう?

 
この10秒は答えを考える為に使ってはいけません。
この10秒のほとんどは、次の問題の選択肢が何なのかを理解する時間です。

 
問題が読まれる前に、大体の選択肢を把握しておく。

これがとても大事です。

 
もしも、ダイアログを聞いている段階で、最後まで聞かなくても
明らかにこれだ!というものが分かることも少なくありません。

 
そして聞き終えてすぐに選択したら次の問題に目を通す。

 
でも、「10秒」って、すごく短いと思いませんか?

この超短時間の中でリズムよくスピードよく
ポンポン問題を解いて行かなければなりません。

 
ここでも重要ポイントとされるのは読解力と速読力です。

 
そして読解力、速読力にも必要となってくるのがやはり語彙力です。

また、リスニングで大切なのは、

ぱっと次の問題へ気持ちの切り替え
ができるかどうか。

これは結構大事です。

 
選択肢の中や放送された文章の中で分からない単語が出てきても
そこでこだわらない、止まらない、気にしない。

 
「うーん。何だろう。まような〜。これかな、いや、これかなぁ。」などと
迷っているうちに次の問題に進んでしまい、
あぁ、次も分からない、あぁ、これも聞き取れなかった、、
と、悪循環につながってしまいます。

 
分かる問題にも答えられない状況になりかねません。

もしも聞き取れない部分があっても、
全体的に大切なキーワードとポイントが抑えられていれば
正解が分かる事が多い
のです。

 
 
とにかく、キーワードを聞き逃さず、スピードを緩めない事が大事です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ