ボイスレコーダーの活用

語彙を増やす為には、別の章でも書きましたが、
インプットとアウトプットを同時に行い、目、耳、口、手で書き出し
出来る限り体をフル活用して体で覚えることです。

 
私の場合、英検準一級の受験を決めてから試験まで、
二ヶ月しかなかったので、今までにやったことのない事など、
ありとあらゆる手段を使って単語学習をすすめました。

 
そのうちの一つが、ボイスレコーダーの活用です。

 
私は自分のコンピュータを使いましたが、ICレコーダーなど音声を録音し
録音したものをPCやMP3プレーヤーなどで聞ける環境を用意します。

 
自分の単語帳を最初のページから順番に読みその声を録音していきます。

 
英単語→日本語訳 の順番で読み、一章終えたら録音をストップします。

 
このとき、発音やアクセントを意識しながら読む事は
単語を記憶するのにとても役立ちます。

 
録音したら、その単語帳を見ながら早速聞いてみましょう!

 
自分の声を聞くのはちょっと恥ずかしいですが、
これが結構頭と耳に、焼き付くものなんですよ。

 
読んでいてちょっとつまずいたりすると逆に、
「あ、この単語は発音しにくいヤツだったな」とか、
「かみそうな単語だったな」などという記憶も残ります。

 
また、録音したものを出勤の車や電車の移動中などに聞いて
一度学習したものを復習するのも、記憶に残す為のとても良い勉強法ですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ