単語学習について

英検準一級に出題される単語は、大学中級から上級レベルとされています。

大学中級程度というレベルはあまりに漠然としていて
一般の人には分かりにくい表現ですよね。

 
じゃあ、具体的な数字で言ったらどれくらいなのか?

 
語彙数でいうと、およそ7500語が必要とされているのだそうです。

 
また、英検二級合格に必要な単語数と比べ、
英検準一級に必要とされる単語数は約2000語多いとされています。

 
「あぁ、こんなにたくさん覚える単語があるのか、、、自分にはムリムリ!」と、
普通ならうんざりしますよね。

 
でも、英検準一級の合格を目指すなら、単語がどれだけ重要なのかを知って下さい。

 
まず、一次試験の語彙に関する問題が占める割合はなんと25%近くあります。

 
合格ラインを正解率70ー75%とした場合、
極端な例ですが語彙問題が全く解けなかったとしたら、
残りの問題がすべて正解でない限り合格はムリと言う事です。

 
 
逆に、語彙問題が出来れば全体の25%をも稼ぐ事ができるのです。

 
この語彙問題というのは、出題範囲があまりに広いので、
どんなに頑張っても100%の正解というのは難しいかも知れませんが、
6−7割程度を目標として学習しましょう。

 
また、「この単語を知っている」、というのと、「検討もつかない、知らない」、
この違いで長文読解を解く時間もずっと短縮されます。

 
それくらい語彙に関する問題の比重が重いという事を知った上で、
単語の学習に取り組むとモチベーションも上がるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ