履歴書に書くならどっち?

英検準一級の受験を志したあなた。

 
せっかく合格を目指すのであれば、
就職や転職に役立てたい
ですよね。

 
世間一般の評価はどんなものでしょうか?

 
履歴書の資格の欄に書くのであれば、英検なら二級以上、
TOEICであれば700点台以上
であれば、
英語の能力があるという証明になるレベルと言われています。

 
ここで、2つの試験の大きな違いですが、
英検は一度取得すると永遠に有効な資格である一方で、
TOEICはそのスコアは二年間有効であるという点です。

 
ですから、TOEICであれば、二年以上前に取ったスコアは
履歴書には書けません。

 
ただし、英検もずっと有効とは言え、
10年以上前とか、あまりにも過去に取得したものであれば、
現在の実力を証明するものとしては面接官に与える印象は薄いかも知れませんね。

 
転職活動などで、志望している職種が、
いったいどれくらいの英語力を必要としているのかをふまえた上で
履歴書を作成するわけですが、
求人情報などを閲覧してみると、英語を必要とする職種にしぼると、
英検準一級以上、またはTOEICスコアが800点以上という
条件の仕事が多いように見受けられます。

 
 
 
せっかく英検準一級の合格を志すのであれば、
合格したら、転職や仕事に活かしたい、などの将来の目標を立てる事も
勉強の張り合いになって良いですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ