試験日程と申込みについて

受験するからには知っておきたい、英検準一級の基本情報です。

一般的には「英検(えいけん)」と呼ばれていますが、
正式名称は『実用英語技能検定』といいます。

第一回検定が6月(一次試験)7月(二次試験)、
第二回検定が10月(一次試験)11月(二次試験)、
第三回検定が1月(一次試験)2月(二次試験)に行われています。

 これを見ても分かる通り、受験は一年で3回のチャンスしかありません。

 
受験回数をみても、年に8回も開催されるTOEICと比べて、
再受験の気軽さにすこーし欠けるかもしれませんね。

 
もし、一次試験が合格し、二次試験が不合格になってしまった場合でも
一次試験免除のシステムがある
ので大丈夫!

 

一年間は二次試験のみの受験が可能
です。

 
また、一級と準一級を受けたい、とか、
二級と準一級を受けたいというダブル受験も、
同じ試験会場、同じ試験日で午前と午後、という風に
連続して受ける事ができます。

 
ダブル受験の申し込みをするときは願書が二枚必要なのでお間違えなく!

 
英検の申し込みは一次試験の試験日の約3ヶ月前から
1ヶ月前くらいまで受け付けています。

 
英検の申し込みに関しては、個人と学校/団体受験の2種類があります。

 
この情報をご覧になっている方の多くは、
恐らく個人でお申し込みの方が大半でしょうから、
ここでは個人受験について紹介します。

 
申し込みはインターネット、コンビニ、書店の3つの方法があります。

 
書店での申し込みは、他2つの方法でのお申し込みよりも
締め切りが早いので、必ず日付をチェックし、間違いなく申し込むようにしましょう。

 
十数年前まではインターネットなど一般家庭に普及していませんでしたから、
私の学生時代の英検の申し込みは学校か書店と決まっていました。

 
でも、今ではインターネットでの申し込みは自宅からできるし、
クレジットカードがあればその場ですぐに申し込みが完了し
何かと便利なのでおススメです。

 
又、インターネットでお申し込みの際に英検IDとパスワードが発行されるのですが、
これを持っていて便利なのは、郵送で結果が送られてくるよりも前に
インターネット上で自分の試験結果速報が見られる事です。

 
次回受験の申し込みや、試験結果を後になって見返す時など
何かと役立ちますので英検IDを発行しておくことを是非ともお勧めします。

 
申し込みの際に注意なのは、下記の場合はネットの申し込みが出来ない事です。

1メールアドレスを持っていない方。
 
今はホットメールやGmail、ヤフーメール等のフリーメールアドレスを
誰でも気軽に作って利用する時代ですから、
1 のケースに当てはまる方は少ないかと思いますが、
以上の条件に当てはまってしまう方は、
書店かコンビニでのお申し込みとなります。

2受験票と合否結果表を発送する先が日本ではない方。

 
検定料は

1級 7500円
準1級 6000円
2級 4100円
準2級 3600円
3級 2500円
4級 1500円
5級 1400円 

です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ